知ると簡単!海外FXのことなら〜口座開設方法から入出金方法まで詳しくご説明します

海外FXの口座開設方法について。マイナンバーや確定申告、必要なもの等を解説します。安全な海外FX業者への登録なら当サイトで。

マイナンバーがないとFX口座開設は出来ない?

2016年1月からマイナンバー制度が開始されたことで、行政手続きの効率化が実現され、より公平・公正な行政サービスの還元が期待されています。一方で、マイナンバー制度のデメリットにより、不安視する声が後を絶たないのも事実です。この問題は、FXの世界においても同様です。ここでは、FXの世界からみた、マイナンバー制度との関連性についてご紹介いたします。

FXの口座開設はマイナンバーの提示が必要?

FXの口座開設はマイナンバーの提示が必要?

2016年1月以降にFXの世界に入る方は少なくありませんが、口座開設においては証券会社にマイナンバーを提示しなければなりません。

そもそも、マイナンバー制度のメリットは地域住民に対する公平・公正な行政サービスの還元であり、そのためには一人ひとりの所得をより明確にしなければなりません。

このようなことから、個人のお金の流れを正確に把握する必要があり、FXの口座開設においてはマイナンバーが「必要なもの」とされています。

すでに口座を持っている方について

2016年1月以降に口座開設を行う場合は、開設時にマイナンバーの通知が必要となりますが、これはすでに口座を持っている方も同様です。多くの証券会社では、マイナンバーが必要な時期として「新規で口座開設をする方は開設時」「既存口座を持っている方は2018年末まで」となっています。そのため、口座開設を行った全ての方が対象となるといっても過言ではありません。

マイナンバーで副業がバレる?

マイナンバーで副業がバレる?

副業としてFXを楽しんでいる方は少なくありませんが、そのような方は「マイナンバーを提示することによって副業がバレるのでは?」という不安を抱えるものです。結論からいえば、マイナンバーの提示により、家族や勤務先にFXの口座情報が発覚することはありません。

先述の通り、マイナンバーは行政が個人の所得を正確に把握するためのものです。そのため、勤務先が個人のマイナンバーを使って、役所や金融機関から情報を引き出すことは出来ないといえます。

なお、脱税等の発覚により税務調査があった場合には勤務先に知られてしまいますが、健全に資産運用をしている以上は「バレることがない」と考えてよいでしょう。

当社サイトでは、海外FX業者の中でも認知度が高いMilton Marketsの情報をご紹介しております。口座開設の入り口から書類審査、入金・出金方法までご紹介しておりますので、なかなか口座開設が出来ないという初心者に役立つ情報です。なお、Milton Marketsは海外FX業者ですが、日本語の対応も可能となっています。なかなか自分で手続きが出来ないという方は、一度問い合わせてみるとよいかもしれません。

海外FXコラム

注目が集まる海外FXの特長海外FXを始める前に知っておきたい出金トラブル利益確定が難しい理由とは?意外と簡単!FX口座開設の流れFX口座開設が出来る人、出来ない人FXで重要な要素「経済指標」を知る海外FXの確定申告はどうする?FXを始めるのに必要な元手口座開設の前に知っておきたい「レバレッジ」とはマイナンバーがないとFX口座開設は出来ない?
Milton Markets公式サイトはこちら