知ると簡単!海外FXのことなら〜口座開設方法から入出金方法まで詳しくご説明します

海外FXの口座開設なら当サイトへ。レバレッジなど初心者向け用語解説、海外FX業者の登録方法を解説します。

口座開設の前に知っておきたい「レバレッジ」とは

FXに限らず、投資を行う際は必要最低限の知識を身につけなければなりません。特に、投資の世界では専門用語が飛び交うため、一つひとつの用語の意味を確実に押さえ、書籍やインターネットからスムーズに情報を得られるようにしておく必要があります。FXでよく聞く用語として「レバレッジ」というものがありますが、そもそもレバレッジとはどのようなものなのでしょうか。

レバレッジとは何か?

レバレッジとは何か?

レバレッジとは日本語で「てこ」を意味し、FXの世界では証拠金にかかる「てこ」のような役割を果たしています。例えば、口座開設を行い20万円の証拠金を用意したとします。この20万円に10倍のレバレッジをかければ、200万円として取引を行うことが可能です。

運用出来る金額が大きくなるため、レバレッジの倍率によっては、わずかな為替差益でも大きな利益を上げることが出来ます。

FXを始めるに当たっては「元手が少なくても良い」と耳にしますが、これはひとえにレバレッジの存在によるものです。なお、日本国内のレバレッジは最大25倍となっていますが、海外では数百倍のレバレッジをかけることが出来ます。

なぜレバレッジが可能なのか

なぜレバレッジが可能なのか

多くのFXトレーダーがレバレッジの恩恵にあずかっていますが、このような取引が可能な理由は、FXの決済方法である「差金決済」に起因します。差金決済とは、取引した時点で現金が動くのではなく、その差金が生じた際に決済する方法です。

例えば、1米ドル=100円のレートで2万米ドルを買った場合、通常であれば200万円の現金が必要となりますが、この取引の時点では現金は動きません。その後、レートが上がって1米ドル=110円になり、購入した2万米ドルを決済すると220万円になり、プラス20万円の利益が発生します。

このケースでは、取引時には現金が動いていないものの、2万米ドルを決済し20万円の差金が生じた時点で、現金が動くことになります。つまり、実質的に動いた現金は差額である20万円なのです。

このような仕組みにより、レバレッジをかけた取引が可能となっています。レバレッジはその倍率によってローリスク・ローリターンになることがあれば、ハイリスク・ハイリターンになることもあります。口座開設を行う前に、まずはレバレッジをはじめとする基本用語の理解を深めることから始めてみてください。

安心安全に利用出来る海外FX業者をお探しなら、Milton Marketsを候補のひとつとしてご検討ください。Milton Marketsでは日本人スタッフによるサポートが受けられるため、英語が話せない方でも安心・安全に海外のFX業者を利用することが出来ます。当社サイトでは、Milton Marketsのサービスをはじめ、海外FXを始める際の口座開設、書類審査に関する情報や、入金・出金方法等の情報を掲載しております。海外FXに興味がある方は、是非ご一読ください。

海外FXコラム

注目が集まる海外FXの特長海外FXを始める前に知っておきたい出金トラブル利益確定が難しい理由とは?意外と簡単!FX口座開設の流れFX口座開設が出来る人、出来ない人FXで重要な要素「経済指標」を知る海外FXの確定申告はどうする?FXを始めるのに必要な元手口座開設の前に知っておきたい「レバレッジ」とはマイナンバーがないとFX口座開設は出来ない?
Milton Markets公式サイトはこちら